コンテンツへ移動

“tool”の検索結果

25 件の結果が見つかりました

絞り込み:

テーマ

イノベーション
チーム
ピープル アナリティクス
マネージャー
偏見の排除
学習と能力開発
採用
目標の設定
ツール: CSI:Lab でデザイン思考を実践する

デザイン思考によって、問題を創造的に解決する能力が養われます。このプロセスでは、製品の開発ではなく人材の育成に重点を置き、組織内でイノベーションの活性化につながるスキルを教えます。たとえば、共感することができれば、ユーザーの立場や、どの問題の解決が最優先であるかについて理解を深めることができます。Google の研究者が、この共感力を意識して視覚障害のある一部の Android ユーザーと過...

ツール: デザイン スプリントを検討する

デザイン思考を通じて培ったスキルを活かす方法のひとつに、デザイン スプリントがあります。デザイン スプリントとは、製品、サービス、またはプロセスにおけるアイデアを試すために使用される特定のプロセスのことで、チームまたは個人のイノベーション能力を養うことに焦点が置かれたデザイン思考プロセスとは異なります。スプリントは意図的に速いペースで進められ、チームは数日のうちに複数のプロトタイピングとテス...

ツール: 失敗から学ぶ

会社のイノベーション力は、リスクを受け入れられるかどうかに左右されます。イノベーション プロセスにはリスクがつきものです。新しいアイデアのなかには失敗するものもあってしかりです。失敗を恐れるとイノベーションはそこで止まってしまう可能性があります。職場において、失敗によって実績評価や給与、さらには雇用自体に影響が及ぶことを懸念しない人はいないでしょう。 イノベーションを起こすには、従業員が安心...

ツール: ビジョンを共有し周知する

ビジョンを共有することでイノベーションの向かうべき方向が明らかになり、解決すべき問題や課題を誰もが認識できるようになります。ビジョン共有は現状維持に甘んじるためのものではありません。組織が直面する大きな問題を解決するために、新しいアイデアを生み、奨励するための共通認識です。 ビジョンを共有すると、目標と優先順位を整理し合意することができます。変化や新たなアイデアを自分の仕事に対する脅威と捉え...

ツール: 心理的安全性を高める

Google のリサーチチームが発見した、チームの効果性が高いチームに固有の 5 つの力学のうち、圧倒的に重要なのが心理的安全性です。リサーチ結果によると、心理的安全性の高いチームのメンバーは、Google からの離職率が低く、他のチームメンバーが発案した多様なアイデアをうまく利用することができ、収益性が高く、「効果的に働く」とマネージャーから評価される機会が 2 倍多い、という特徴がありま...

ツール: 偏見を排除するためのワークショップを開く

トライアル ワークショップによってその効果を確認できたところで、People Operations(人事部)は、すべての Google 社員がワークショップに参加できるようにしました。Google 社員がファシリテーターとなる別の社員を教育する「トレーナー養成」方式で、ファシリテーターを増やすことにしたのです。この問題に特に熱心な Google 社員の力を借りて、ファシリテーターが各自で他の...

ツール: 偏見を排除するためのワークショップを開く

偏見を持っていること自体、無意識のうちに発生しているということは、「あの時、無意識のうちに偏見のある発言や行動をしてしまった」と自覚できる人はほとんどいない、ということです。つまり、偏見に気付いて指摘できるようになることが、無意識を意識するために欠かせない要素なのです。 Bias Busting @ Work は、Unconscious Bias @ Work の後続のワークショップです。こ...

ツール: 偏見排除のためのチェックリストを使用する

調査によると、チェックリストは、無意識の偏見が意思決定に及ぼす影響を軽減するのに役立つようです。人が無意識に抱く一般的な偏見に着目し、偏見排除に注力できるように、Google の人事プロセスにおいては適宜、偏見排除のためのチェックリストが使用されています。Google では、自分や同僚が無意識なの偏見の影響を受けないように、このチェックリストの使用を推奨しています。

ツール: ファシリテーターの募集

ファシリテーターにふさわしい人材を見つけることは、従業員間の学習プログラムを成功させるうえで非常に重要です。同僚が成長できるよう自ら進んでサポートする従業員を早い段階で見つけることができれば、動機付けを行ったり、責任意識を持ってもらったりするための時間とリソースを節約できます。 ファシリテーター募集のためのヒントをいくつかご紹介しましょう。 教えることに興味があるか: 各部門のトップに、該...

ツール: チームとビジョン設定を行う

マネージャーがチームと協力してビジョンを策定できるように、Google では次のようなステップを設定しています。これによりチームは価値を明確化し、その価値を短期的な目標に落とし込むことができます。 コアバリューは、チームの基盤となる信念を意味し、チームのパーパスとミッションとを導き出します。 パーパスは、チームの存在理由とチームが組織全体に与える影響です。もし、自分たちのチームが存在しなか...

ツール: 面接担当者用トレーニング チェックリストを使用する

面接担当者が基本事項と一般情報を押さえているかどうかを確認するための質問のリストをご紹介します。トレーニングの際にご利用ください。 面接担当者は… 会社の採用プロセスと、そのプロセスにおける自分の役割を理解しているか。 面接の準備方法を知っているか(質問を作成する、時間を割り当てる、履歴書に目を通すなど)。 応募者が内定をもらったかどうかにかかわらず、会社に対して素晴らしい印象を与えられる...

ツール: ルーブリック(評価基準表)を使用する

構造化面接では、質問に対する回答の評価基準を設定することで、複数の応募者の回答を公平かつ一貫性のある方法で比較し、評価することができます。 Google では、応募者の資質や応募要件のフィットを探る面接での質問に対して、悪い回答、あいまいな回答、良い回答、優れた回答はどのようなものかを、実例を交えて文書化しています。 面接担当者には回答を詳細にメモしてもらいます。そうすることで、独立した採用...

ツール: ディスカッション ガイドを活用する

どのような状況で無意識の偏見がチーム内のやり取りに影響を与え得るかを検討することで、偏見を排除するタイミングを特定できるようになります。ここで紹介する 9 つの質問は、無意識の偏見を排除するための話し合いの糸口となるものです。 これらの質問は、場合によっては深刻な議論につながる可能性があります。そのため、関連する研究の成果に精通し、ダイバーシティについての対話のファシリテーターを務めたことの...

ツール: 募集要項のチェックリストを試す

Google では募集要項を記述する際、求職者が会社について何を知る必要があるか、会社が求職者について何を知りたいかの 2 点に配慮します。採用チームは、次のようなチェックリストを使用して、採用情報の構成、内容、トーンを明確にし、一貫性を保っています。

ツール: データを分析して賃金差がないか調べる

変数を選択したら分析作業を始めます。標準偏差、分散、回帰モデルなど、統計学に習熟し、分析できる人材が必要です。 データを集め、妥当性をチェックする。良い分析には良いデータが必要です。抽出検査を行い、データに漏れや誤りがないか確認します。データが不完全な場合はその原因を把握し、それが結果にどう影響するかを見極めます。 できるだけ似ている職務を特定する。賃金差分析は、同じような職務に就いている...

ツール: 効果的な 1 対 1 ミーティングの実施

Project Oxygen では、評価の高いマネージャーは低いマネージャーよりも頻繁にチームメンバーとの 1 対 1 ミーティングを行っていることがわかりました。チームメンバーとの個別ミーティングを頻繁に実施するとなるとかなりの時間を費やすことになりますが、早い段階で問題を特定してフィードバックや指導を行う機会にもなります。効果的な 1 対 1 ミーティングをどのように実施しているのか優秀...

ツール: GROW モデルを使ったキャリアディスカッション

キャリアについてチームとマネージャーが話し合いやすくするため、Google では GROW モデル(Graham Alexander、Alan Fine、Sir John Whitmore が開発したコーチング モデル)を採用しています。 Goal: 目標の明確化。チームメンバーがキャリア形成の先に見据えているものを特定します。 「1 年後、5 年後、10 年後の自分はどうなっていると思い...

ツール: 応募者体験を調査する

Google では、採用プロセスにおける応募者体験をさらに深く理解し調査する目的で、面接を受けた応募者に合否に関係なくアンケートを送付しています。採用チームはこのフィードバックを利用して採用プロセスを調整し、何がうまくいき、何がうまくいかなかったのかを解明します。このようにフィードバックを集めて採用プロセスに反映させることで、応募者と共有する体験を継続的に調整し、向上しています。 採用チーム...

ツール: 効果的なフィードバックの提供

フィードバックは、ファシリテーターに提供できる最も重要なものの 1 つです。フィードバックを集めるには、さまざまな方法があります。 トレーニング セッションに参加する。ファシリテーターごとに少なくとも 1 つのセッションに出席し、メモをとり、終了後に詳細なフィードバックを提供します。セッションの内容に詳しい従業員や他のファシリテーターの参加も合わせて検討してください。 出席者からフィードバ...

ツール: 「シンプルな 1 つの目標」の設定

Google では、社員の満足度を高めるために「シンプルな 1 つの目標」の設定をしています。チームメンバーは自分が健康も含め充足し、ワークライフバランスをうまく保てるような目標を設定し、マネージャーはチームメンバーがそれを達成できるようサポートするのです。 チームメンバーは仕事以外の目標を設定してマネージャーに伝えますが、この目標は、メンバーの健康で充足した生活を確実にサポートするものであ...